くらし

契約不要!定期購入なしのウォーターサーバー【日田天領水】メリット・デメリットを紹介

我が家のウォーターサーバーは契約不要定期購入不要なお水を使用しています。

冷たい水しか使用できませんが、契約する必要がなく

冷却器本体さえ購入すれば、その後は必要なときに、必要な分だけ自分で注文して

飲めるようになっています。

この水は【日田天領水】という水です。

旦那さんが日田市出身ということもあり、今でも愛飲させていただいています。

水もおいしく飲みやすく、契約不要で続けやすいので

是非ご紹介したいと思います。

しらたまママ

おいしくて、飲みやすいので子供達は大好きです。
喉が渇いたらセルフサービスで飲んでいます。

日田天領水ってどこの水?

日田天領水とは

大分県日田市の深い地下深層部から汲み上げられる天然水のこと。

”日田”という場所をご存じですか?

”大分県日田市”という地名があります。

\日田天領水についてはコチラ/

大分県日田市で汲み上げられた天然水になります。

日田天領水のウォーターサーバーのメリット

契約不要。定期便もありません。

我が家が一番の決め手となった理由です。

他社のウォーターサーバーはほとんどが契約が必要で

1ヶ月に1回もしくは2ヶ月に1回ペースで、必ず水が届くものが多いです。

夏の暑い日はたくさん飲むけれど冬の寒い日はそんなに飲まない。

そんな日もあると思います。

必要なものは

ウォーターサーバーの本体

こちらを購入するだけ。

名入れプレゼント 味の神話
¥23,760 (2024/02/22 16:23時点 | 楽天市場調べ)

あとは別売りの水を購入して、設置します。

我が家は10L×2箱で販売しているものをいつも購入しています。

最後の1箱分を開封したら、購入するようにしています。

熱湯は出ないので子供でも安心

出るのは冷たい水のみです。お湯は出ません。

なので特別なボタン等なく、コルクをひねるだけで冷たい水が出てきます。

お手入れ簡単

注ぎ口は本体と一緒になっている為、毎回交換となります。

なので、お手入れ不要です。

たまに段ボールのカスや水アカがついてしまうときは

軽く拭くだけなので簡単。

災害時でも安心

災害で停電が起きても安心。

停電時、サーバー本体は使えませんが、水は電気がなくても出る仕組みになっています。

冷たくなくても常温で飲めるところが魅力の1つ。

日田天領水のウォーターサーバーのデメリット

お湯が出ない

”お湯が出る”ところを必要としている方はオススメできません。

我が家はお湯が出ないことで不満を感じていませんが、必要な方は不向きかも。

毎回自分で注文

定期購入ではない為、定期的に水が届くわけではありません。

無くなる頃に自分達で注文する必要があります。

忘れることはあまりありませんが、注文しないと飲めない状況になります。

残りが少なくなると出にくい

サーバーの冷却の構造上、出にくい構造になっています。

少しサーバーを傾けたりするとチョロチョロ出るので、我が家はそのやり方でやっています。

めんどくさい時は、タンブラーなどに全部出して冷蔵庫で保管して飲むようにしています。

最後に残る量は500mlもないですけどね。

初期費用がかかる

レンタルサーバーなどではないため、サーバー本体は購入する必要があります。

サーバーの本体を購入してから水を購入しないと冷たい水が飲めません。

壊れたら購入し直さないといけないので、家電と同じ感覚です。

我が家は購入して6年ほど経ちますが、まだまだ壊れる様子はありません。

日田天領水の効果

大きく分けて2つの効果があるとされています。

・肥満予防

。不安感の軽減

詳細は以下リンクの「ウォーターサーバー比較Plus」で説明しています。

ウォーターサーバー比較Plus

購入をオススメ出来る人

・冷たい水だけ欲しい人

・常温でもいい人

・お手入れが簡単なのがいい人

・水が定期的に届くのが嫌な人

・契約等の手続きをしたくない人

まとめ

メリット

・契約不要

・定期購入ではない

・お湯が出ないので子供でも安心

・お手入れ簡単

・災害時でも安心

デメリット

・お湯が出ない

・自分で注文しなければならない

・残りの分が出にくい

・初期費用がかかる

いかがでしたか?

各家庭でピッタリのウォーターサーバーを見つけるのって難しいですよね。

我が家は”定期的に水が届く”という所が悩みでこのウォーターサーバーに決めました。

水も飲みやすく、まろやかで、おいしいです。

皆さんも試してみてください。

名入れプレゼント 味の神話
¥23,760 (2024/02/22 16:23時点 | 楽天市場調べ)

読んでいただき、ありがとうございました。